浅田真央さん、お疲れ様でした!

一昨日、どなたかがあげてくれた動画で、浅田真央さんの引退会見を観ることができました。白いジャケットを着て髪をひとつに束ねた真央さんは、清々しくてとても晴れやかな表情。もう心の整理が済んで前を向いてるんだなと思った反面、やはりこんな形で引退となったのが残念でなりません…。

その潔さは、とても彼女らしいのですが…。

長年日本フィギュア界を牽引し続けてきた国民的なスケーターにふさわしく、氷上で惜しまれながら競技人生を終えて欲しかった。

女子では歴代5人目となるトリプルアクセル(3A)をまだジュニア時代に成功させ、以来ずーっと跳び続けてきた真央さん。調子が悪い時も、「浅田真央の代名詞」と言われた3Aにずっとこだわり続けてきました。2012年くらいから腰痛に悩まされることが多くなり、昨年は左膝に故障を抱え、滑り込みができなかったとききます。

どんな時も言い訳せず、可能な限り最高の演技を目指すアスリート魂がすごい! 頑固すぎると言われることも多かったですが、そのひたむきさ、真っ直ぐさを本当に尊敬します。

オリンピックの金メダルを獲得することはできませんでしたが、バンクーバーでもソチでも、女子シングルでは彼女の演技が一番心に残っています。

2010年バンクーバーオリンピックの前年、真央さんは絶不調だったんですよね…。シニアにあがって初めてグランプリファイナル出場を逃し、オリンピックに出場できるかどうかは、全日本選手権にかかってました(ちなみに、グランプリシリーズでは、3Aは6回中1回しか成功してません)。

日本中のファンが固唾を呑んで見守る中、全日本のショートプログラム『仮面舞踏会』では、躊躇なく3Aに挑んできました。演技を終えたあとのキラキラ笑顔が本当にまぶしかったです。(この時の3Aは解説が「大丈夫」と言ってますが、回転不足と判定され減点でした)

バンクーバーオリンピックの伝説のフリープログラムでは、ご存知のようにミスが出てしまいましたが、それを補って余りあるほどドラマチックな演技。妖精のようなイメージが強い真央さんですが、ここでは戦う阿修羅王のよう。特に、スパイラルは鬼気迫るものがありました。

  ラフマニノフが19歳の時に作曲した『鐘』は、迫りくる大火への警鐘の鐘だそう。1つの試合で初めて3Aを3回成功させ、ギネス記録となりました

2014年ソチオリンピックのフリー演技は、今後もフィギュア史で語り継がれていくんじゃないでしょうか?金メダル候補だったのに、ショートプログラムではまさかの16位。引退会見では「もう日本に帰れないと思った」と言ってましたが、想像を絶する落胆とプレッシャーだったと思います。それを跳ねのけてのあの演技!本当に感動しました!(一緒にTVを観ていた息子とグラニーが、私の力の入れようにビビッてました)

そして、演技し終わった時の涙と笑顔…。こんなドラマをオリンピックで2回も繰り返すなんて、やはり持ってる人です。

  2度めのオリンピックに再びラフマニノフを選んだタラソワさん。彼女の選曲と振り付けは、真央さんの新たな魅力と可能性を引き出したように思います。この二人が引きおこす化学反応は特別でした

(ところで、このプログラム、8回の3回転ジャンプを組み込んだ女子フィギュア史上最高の難度だったんです。合計142.71は自身の最高得点でしたが、私は「えっ、低い」と思いました。2つのジャンプで回転不足判定があって減点されてますが、技術点の基礎点は1位。でもGOE(出来栄え点)が少なく、芸術点といわれる演技構成点は5位だったんですよね…で、フリーの順位は3位。バンクーバーの後、佐藤コーチについてスケーティングもジャンプも1から見直し、滑りは格段に美しくなったと思います。でも、その努力が点数に反映されていない…。

「最終グループで滑ったら、もっと演技構成点が出た」と評論家がいってましたが、それって変じゃないですか?そして、ジャンプの判定もいまどき目視だけって時代遅れでは? 毎年のようにルールが変わり、見た目と点数が乖離してることも多いので、フィギュア観戦はモヤモヤ感が消えません)

実は、私は天才少女と呼ばれていた頃の真央さんには、あまり興味がなかったんです。昔からフィギュアを観るのは大好きでしたが、渡英してからはフィギュアのTV放送なんてなくて。忘れかけていた頃にトリノオリンピックを観て、再びフィギュア熱を取り戻したのでした。インターネットがあって、本当に良かったです。

その後帰国するたびにフィギュアの大会をテレビ観戦する機会に恵まれたんですが、男子を中心に観てたんです。ある冬(2008年かな)、真央さんが黒い衣装を着て『仮面舞踏会』を踊っているのを観て、「あの真央ちゃんが、こんなすごいプログラムをやってるんだ!」と驚かされました。

以来、割とのめり込まずに傍観してきたつもりなんですが、やっぱり唯一無二の存在だったなあと。ふわりと軽いジャンプと所作の美しさ、演技のどこを切り取っても美しく、とにかく気品がありました。常に前を向き、努力する天才でした。何といっても、スケートが大好きという気持ちが伝わってきて、彼女の生き様を見せてもらっているようでした。

彼女のほどのスケーターは、今後なかなか現れないと思います。淋しいけれど、ひとつの時代が終わりを告げたんですね。

真央さん、今まで本当にご苦労様でした。感動と勇気を与えてくれてありがとう!

今後も笑顔で前に進んでいきたいという彼女に、心からエールを送りたいです。

里山の秋

先週の火曜日に帰国して、あっという間に1週間が過ぎました。山々に囲まれた岐阜県の故郷では、樹木が徐々に色づいて、紅葉シーズンも中盤という感じかな。昨夜はなんだか冷え込むと思っていたら、今朝は初霜が降りてました~。

IMG_20141025_152109IMG_20141025_143336

青空の下で紅葉していく樹々。今年は柿が大豊作だとか

IMG_20141025_152625

IMG_20141025_142600IMG_20141025_153848

紅葉した葉っぱが色鮮やか。緑を背景に着物の裾模様みたいです

IMG_20141029_144558

金色に揺れる川岸のすすき

一昨日は名古屋から友達が訪ねてきてくれたので、知り合いのご夫婦が経営する森の中のカフェ、『アリスの不思議のお店』まで足をのばしました。車を飛ばして街をひとつ越え、村里を越え、さらにどんどん山奥へ。ときどき道脇に登場する『不思議の国のアリス』の白兎の看板が道案内です。

IMG_20141027_165055IMG_20141027_165134IMG_20141027_165251

山奥に突如として現れる黄色い木造のカフェは画家のアトリエとして建てられたもの

IMG_20141027_164846IMG_20141027_165452

     天井が高く、大きなガラス窓や高窓から森が見えます。ゆったりしたテーブル席や薪ストーブの暖かさ、オーナー夫妻のもてなしに、時間を忘れてお喋りに花が咲きました

IMG_20141027_174100IMG_20141027_174606

IMG_20141027_174042IMG_20141027_181545

森のカレーセット(1680円)は、りんごサラダ、森のカレー、手作りケーキ、飲みもの付

一番人気の森のカレーは、スパイスから調合した手作りスープカレーです。ご飯の上に大きな海老、カボチャ、ナス、パプリカの素揚げと野菜もたっぷり。ケーキは蓬のシフォンケーキ、ベイクドチーズケーキ、チョコレートケーキがあって、どれも甘みをおさえた上品な味。オーナー夫妻はもともと同名の輸入雑貨店を経営していたんですが、料理とガーデニングの腕前もすごいんです。

ブログ開設1周年を迎えることができました

イギリスでは、先週木曜日から殆どの公立校が夏休みに入りました。そういえば、このブログを始めたのは昨年の夏休み中だったなとチェックしてみたら、昨年の7月28日がブログ開設日。細々とですが、何とか1年間続けることができました。読んでくださっている方、どうもありがとうございます。

私自身、抑制的気な質が強いためか、FBやTwitterなどのソーシャルネットワーキングはどうも苦手です。まあ、年齢的なものもありますね(汗)…。時々、こんなブログ書いてて何の意味があるのだろうと自問しつつも、やはり自己表現の場のひとつなので、今後も続けていきたいと思っています。

昨年9月から週1回のペースで研修させてもらっているASD児専門学校では、2週間ほど前に終業式がありました。18歳の3名にとっては卒業式でもあり、スタッフの激励の言葉に照れている彼らを見て、私のほうがうるうる。予期せず、ボランティアの私も両手いっぱいの大きな花束と感謝の言葉をいただきました。お世話になったクラス担任とTA達からもカードとチョコレートをいただき、大感激。教室で子ども達やスタッフとハグを交わし、3学期の最後の日を終えたのでした。

IMG_5289IMG_5307

IMG_5305            うちの庭に咲いている白アジサイのアナベルを加えてアレンジしました。                    ヒマワリ、グラジオラス、ユリ、ガーベラ、バラなどカラフルな花が多かったのですが、      活けきれず半分以上お隣へ。

9月の新学期からは、クラス担任もTAの2人もそれぞれ新しいクラスに配属されるとか。スタッフの皆さんから、「来期もまた来て」と言われ、かなり複雑な気持ちになりました…。そろそろボランティアを卒業したいと思うものの、どんどん自分の駄目さ加減が解ってくるうえ、いまだ仕事も見つからず…。

実は所属しているエージェントから、9月から近くの小学校でTAの仕事があると打診されたんです。特別支援ではなく、普通クラスの担任補佐です。でも、パートタイムとはいえ、8時半から午後1時半まで毎日勤務となると、今までやってきたフリーの仕事を続けるのが難しい…。悩んだ末にお断りしてしまい、どっぷり自己嫌悪(その前は、かなり遠方の学校の仕事が来て、どうしても車の運転に自信がなく、これも断ってしまったのでした…)。もう仕事を回してもらえないかも…。

もともと場面緘黙の子ども達を支援をしたいと思い、SENTAになりたいと思ったのですが、特別支援というとASD児のサポートが主流です。また、週2、3日のTAの仕事って殆どないような…。英語力は足りないし、他のTAのようにバシっと子どもを叱れないし、諦めた方がいいのかなと弱気になってます。

うだうだ悩む毎日ですが、天気はいいし、息子も夏休みでのんびりムード。やっと日本語を勉強する気になってくれたので、少しずつ漢字を覚えさせています。

 IMG_5308

        息子が夏休みに入った週末、クロアチア人の友達と彼女の甥っ子たちを招いて、         手巻き寿司ランチをしました。アジとタコとイカは食べないかもと少量にしたんですが、やっぱり駄目でした。でも、生まれて初めてお刺身に挑戦した12歳と21歳男子は、サーモンとマグロをいっぱい食べましたよ。

IMG_20140727_120716        先週の日曜は、春休みに引き続き、2回目のカーブーツセール(フリマ)に挑戦。         車を止めてトランクを開けた途端、玄人バイヤーがわさわさ寄ってきて、転売できそうなものを買い叩いていきました。洋服をいっぱい詰めた大きなバッグを「全部で10ポンド(1700円くらい)だね!」と叩かれ、「いや、20ポンドじゃないと譲れない!」と戦って、勝ちました~(笑)。

IMG_20140727_132207店番中の息子。最初の10分が勝負で、後はボチボチという感じでした

IMG_20140727_133026 お昼ごはんのバーガーとチップス(イギリスではフライドポテトがチップスです)

日本は猛暑続きと聞いていますが、皆さんも体調を崩さず素敵な夏休みをお過ごしください。

新年、明けましておめでとうございます

みなさん、明けましておめでとうございます。

昨年7月末に始めたこのブログ、止まりそうになりながらも何とか細々と続けることができ、無事年を越せました。のらりくらりと遠回りしておりますが、本年もどうぞよろしくお付き合いください。

30日の飛行機でロンドンに戻る際、何故か再びチェックインで引っかかり、「30分ほどお待ちください」とのお達し…。でも、さすが日本!ロンドンのBAカウンターで日付変更をした際、帰りの便も操作したらしいのですが、時間内にきちんと処理してくれました。ヘルシンキまでの10時間弱は、足を伸ばせる壁に面した席をあてがわれ、とってもラッキー!

朝11時55分に出発し、夕方5時半過ぎにロンドンに辿りつきました。夫の実家でクリスマス休暇を過ごしていた子供と夫が迎えに来てくれて、久々に我が家へ。ほっとした反面、翌日は大晦日というのに、床は荷物でいっぱい、冷蔵庫はからっぽ…。

昨日は洗濯機を3回まわし、スーパーで食料品の買い出しをし、夜3人で鍋を囲むことができました。あまりに眠かったため食後ひと眠りして、夜10時に起きてお土産に買ってきた抹茶チョコやお煎餅を食べながら年越し。今年もテムズ河の花火は見事でした。

そして、今日元旦は雨、雨、雨…。お雑煮を食べてから出かけようと張り切っていたのに、家でゴロゴロする羽目に。勤め人の夫は明日からもう出勤です。私も今年こそはもう少し頑張りたいと思ってます。

余談ですが、最近日本に帰ると、どうも餡子のお菓子に目がいってしまいます。喫茶店よりも甘味処に惹かれる今日この頃…。

IMG_20131228_142904IMG_20131228_142840

地元でお気に入りの喫茶店。抹茶アイスの餡蜜が美味

 IMG_20131229_220136

名古屋の友達の家で食べたイチゴ大福は最高でした

 IMG_20131229_130934

          名古屋ではもう水仙の花が咲いていてびっくり。どんよりした曇りの日が多いロンドンに比べ、寒くてもからりと晴れるのがいいですね

2014年がみなさんにとって良い年となりますように。

ヒースロー狂想曲--こんなのアリですか?

本当は、昨日の朝11時20分の便で日本に向けて発つはずでした。

が、まだロンドンの自宅にいます….。そうです--飛行機に乗れなかったのでした。「乗り遅れた」、といえばそうなんですが、全く私の責任ではありません。

一昨日、昨日と、ロンドンは久しぶりに濃い霧に包まれました。複数の便がキャンセルになり、ヒースローは混乱気味。

霧のせい?  いえ、ヒューマンエラーだと思います。

元々フィンランド航空で予約したチケットでしたが、コードシェアをしているBA(英国航空)に変更されたということで、BAのカウンターでチェックイン。これが出発の1時間50分ほど前。ヘルシンキまでの搭乗券を印刷したところで問題が発生したらしく、階下の事務所から確認が入るまで待つことに。

新しい人達が次々とチェックインしていく中、待てども待てども呼ばれず…途中で担当者が代わり、新担当の手が空いた際2回かけあったのですが、「昨日キャンセルが続出して事務所は大混乱してるから、もう少し待って! 待ってるのはあなただけじゃないのよ」とけんもほろろ…。かなりオーバーブッキングがあった様子で、周囲には10名弱の人が集まってスタッフと押し問答に。

結局、私達は「階下からマネージャーが来て説明するから」と無視され…待つこと1時間。「えっ、もう搭乗時間過ぎてる?!」という状態になってからマネージャー氏がやってきて、「この便は定員がいっぱいになったため、搭乗は締め切りました。皆さんの便を変更します」と…。

「ええええ~っ!」と皆怒って文句を言った後、マネージャー氏が皆のアイテナリーをチェック。私の搭乗券を見た途端、「早く、搭乗しなさい!」と。でも、スーツケースも預けてないし、ヘルシンキからの搭乗券もないし、何せもう出発20分前でしょ?!

彼が無線でチェックした時、既にもうラストコール状態でした。それなのに、搭乗しろと主張するんです!一緒に待ってた中国人の女の子達に「グッドラック!」と背中を押され、走りましたよ~。

クリスマス前の忙しい時期です。セキュリティチェックには長蛇の列…係員にお願いして前へ走り、ようやくチェックを終えて、搭乗口へひた走る私。何故か高校時代に現国で習った太宰治の『走れメロス』を思い出してました(笑)。

で、やっとのことで24番ゲートに辿りつき、階段を下って搭乗口に行くと--誰もいな~い!! もう出発した後だったのです。こんなのアリですか?!

仕方なくお隣のセクションの受付に事情を話すと、「トランジットにBAのカウンターがあるから、そこに行って」とそっけない返事。同じBAの職員だけど、「私の責任じゃないから」と、誰も謝ってくれないのでした…。イギリスでは何か問題が起こると万事がこんな感じ。カスタマーサービスがしっかりしてないので、仕方ないと諦めるしかないことが多いのです(クレームするにも、自分で全部しなきゃならない)。

探し当てたBAのカウンターにはやっぱり列ができていて、待つこと40分。皆さん問題がある方ばかりで、ちっとも進まないのでした。やっと私の順番が来て事情を説明し、色々調べてもらって14日の便に振り替えた時には、正午をとっくに過ぎてました。ちなみに、この担当者は大変一生懸命やってくれて、感じも良かったです(きっと、こういうクレーム処理にも慣れているのでしょう)。

そこから、パスポート審査でまた並び、スーツケースを取り返し、カフェでひと息入れ、荷物預かり所を探して大きいスーツケースを預け、地下鉄で家に戻った時には4時を回っていました。朝家を出たのは8時20分…何のための一日だったのか…もうクタクタ。

イギリスではクリスマス時期が日本の師走と同じで、よく”run round like a headless chiken (やみくもに走り回る)” という表現を使うんですが、まさにそのもの。いい大人が必死こいて空港を走る姿は、見られたものではなかったでしょう…。

ipadを操作しながら、おやつを食べてソファで寛いでいた息子に紅茶を淹れてもらい、やっぱり家はいいな、とつくづく思ったのでした。

 

しばらく更新できなくて、すみません

家庭の事情で12日に急遽帰国することになり、先週からバタバタしています。イギリスのクリスマス風景をお伝えしようと思い写真は撮ったのですが、「明日は更新しよう」と思いつつも、次から次へとやることが増えて全くできず…。

明日は学校勤めなのですが、実はまだパッキングもできてなくて…。夕方、息子の学校で初の進路懇談会もあり--超焦っています。

また帰国して落ち着いたら、ぼちぼち書き始めますね。

友達のブランド  “grace doue fleur”

昔ロンドンでハウスシェアをしたことがあるデザイナーの友達が、来週14日(水)から19日(月)まで日本橋三越で展示販売を行うことになりました。

201002031708000IMG_1684

彼女のブランド “grace doue fleur” は、大人の女性のためのフレンチカジュアル。花モチーフやレースをあしらったナチュラルテイストの洋服、帽子、バッグ、ストール、コサージュなどを展開しています。

横浜のアトリエで手作りしているアイテムは、殆どが一点ものです。色、素材、シルエットのバランスにこだわって、ひとつひとつ愉しみながら作っているそう。大人かわいいデザイン、上質な素材感、そしてハンドメイドの温かみが魅力だと思います。(上記の写真は過去の作品です)

日本橋近辺まで行かれることがあったら、足を延ばしていただけると嬉しいです。

場所は新館8階のギャラリーアミューズです。ちょうど同時期に、階下の7階では刈谷崎省吾さんの花展も開催されているみたい。

詳細はこちら、

http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/event10.html

今年は千年猛暑といわれているらしいですね。灼熱の東京でのショッピングって大変そうですが、駅構内や電車内、店舗内は当然冷房完備なので、ショッピングで涼めますね。

気温が30度を超える日がそれほどないロンドンでは、まだ冷房装置をつけていないお店やカフェもいっぱいあります。最近になって、やっと地下鉄車両に冷房が導入されつつあるところ。この間ちょっと暑い日に地下鉄に乗ったら、汗だくになってとっても不快でした~。構内に入った途端に熱風がむあっと押し寄せ、車内は人の体温も加わってじっとり….。バスも冷房搭載中ですが、2階部分のみだし、まだまだ改善の余地がいっぱいありそう。