9月にSMIRAの新しい緘黙本が出ます


この9月に、SMIRAの新しい緘黙本『Tackling Selective Mutism 場面緘黙への取り組み(仮)』が出版される予定です。2004年に『Sillent Children(場面緘黙へのアプローチ)』が出版されて以来なので、何と10年ぶり!

前書と同じく、緘黙治療の最前線にいる多数の専門家や支援者が寄稿していて、最新の情報を取りこんだ総括的な内容になっています。編集を担当したのは、SMIRA会長のアリスさんと言語病理学&セラピーを専門とする元SLTのベニータ・レイ・スミスさん(子どもの言語・コミュニケーションに関する複数の著書あり)。レイ・スミスさんから、新書籍のチラシが送られてきたので、紹介させていただきますね。

Tackling Selective Mutism - A Guide for Professionals and Parents Edited by Benita Rae Smith and Alice Sluckin

Clipboard01 img016

ここから目次を見ることができます↓

http://www.jkp.com/catalogue/book/9781849053938/contents/

かんもくネット代表の臨床心理士、角田けいこさんも、日本における場面緘黙について寄稿しています。微力ながら、私も英訳とレイ・スミスさんとのやりとりをお手伝いさせていただきました。

緘黙とASDやコミュニケーション症との関連性、吃音、音楽療法などに加え、緘黙のティーンに関する章もあり、大変興味深い内容になっていると思います。

目次をざっと要約すると、下記のような感じです(急ぎだったので、誤訳があったらすみません!)

<序章>

  • 1) 場面緘黙の概要とアプローチ法      編集も担当したSMIRA会長のアリスさんと元SLTのレイ・スミスさん

<第1章 場面緘黙の現在の理解>

  • 2) 半世紀にみる場面緘黙の見解の移り変わり   ロンドン大学 トニー・クライン教授
  • 3) 場面緘黙のティーンと保護者の声    SMIRA副会長 ヴィクトリア・ロウさん
  • 4) 支援ネットワーク:SMIRA         アリスさん、SMIRAコーディネーターのリンジー・ウィテントンさん、レイ・スミスさん

<第2章 場面緘黙に関連・併存する症状>

  • 5) 場面緘黙とコミュニケーション症    豪在住の言語病理士、ヒラリー・クリーターさん
  • 6) 場面緘黙とASD(自閉症スペクトラム症)の関連性   元SLT、アリソン・ウィンジェンズさん(イギリスの緘黙治療バイブルと呼ばれる『場面緘黙リソースマニュアル』の共著者)
  • 7) 場面緘黙と吃音    スペシャリストSLT、ジェニー・パッカーさん

<第3章 介入・治療戦略と支援>

  • 8) 緘黙治療と薬の有効性   ハル大学講師&SM支援者 ジェフリー・ギブソン氏 (過去に緘黙の息子さんとITVの緘黙ドキュメンタリーに出演)、LD青少年精神科医 デビッド・ブランブル博士
  • 9) 学校と地域コミュニティにおけるアプローチ法    遊戯インタラクション・スペシャリストのジョティ・シャーマさん、ユース・アドバイザーのジェーン・ケイさん、特別支援コーディネーターのスーザン・ジョンソンさん
  • 10) 家庭と学校をつなぐアプローチ法    アリスさん
  • 11) 効果的なケアプラン   マギー・ジョンソンさん(イギリスの緘黙治療バイブルと呼ばれる『場面緘黙リソースマニュアル』の共著者)、ミリアム・ジェメットさん、シャーロッテ・ファースさん (全員SLT)
  • 12) 他言語における場面緘黙   アリスさん、レイ・スミスさん、テルアビブ大学他の客員教授、ニッツア・カッツ・バーンスタイン教授、かんもくネット代表の臨床心理士、角田けいこさん
  • 13) 声を出すための音楽療法    音楽療法士、ケイト・ジョーンズさん
  • 14) ティーンに自信を持たせる教育    教育研究所&ロンドン大学 ローズマリー・セージ教授
  • 15) 法的なサポート   元特別支援教員、デニス・レーンズさん、レイ・スミスさん

<第4章 まとめ>

  • 16) 場面緘黙からの回復-元緘黙児の保護者からの証言   アリスさんとSMIRAの保護者たち
  • 17) まとめ&これからの提言   アリスさん、レイ・スミスさん
  • 付録: 成人における場面緘黙    カール・サットン博士

(注: 元と書いてあるのは、退職していて現役ではないという意味です)

 

9月にSMIRAの新しい緘黙本が出ます” への2件のコメント

  1. 富重さん

    お久しぶりです。
    記事を紹介して頂いて、ありがとうございます。私の手元にも、先週ペーパーバック版が届きました。しかし、「SMIRAの新しい緘黙本」ではなく、「SMIRAの主要メンバーが編集・執筆した新しい緘黙本」でしたね…(汗)。アリスさんもレイ・スミスさんもSMIRAの重鎮なので、新書にもSMIRAの名前が入ると思ってたのですが、そうではありませんでした…。ミスが多くてお恥ずかしい限りです。

    この本では、SMのティーンを研究したヴィッキー・ロウさんの寄稿や、ティーンの頃緘黙を克服した経験者の声が取り上げられているのが、これまでの傾向と違うところですよね。また、場面緘黙に併存するコミュニケーションや言語、ASDの問題についても深く掘り下げています。実用書ではないですが、富重さんのおっしゃるように多角的に捉えているので、特に教育関係者には参考になるアイデアが多いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です