DSM-Vに登場した新たなコミニュケーション障害(その1)


昨年5月に、アメリカ精神医学会による診断・統計マニュアル(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)が改定されたのは、周知のところです。最新版のDSM-Vでは、場面緘黙が含まれるカテゴリーが「通常、幼児期・小児期、または青年期に初めて診断される疾患」から、「不安障害」へと移行しました(詳しくは場面緘黙とは?(その2)をご参照ください)。

もうひとつ注目したいのは、この改訂版で自閉症に関する概念や定義が大きく変わったこと。これまで日本で「広汎性発達障害(PDD)」と診断された緘黙児は少なくなかったと思うのですが、「広汎性発達障害」というカテゴリー自体が廃止されたのです。

「広汎性発達障害(PDD)」がなくなり、自閉症関連の診断は「自閉症スペクトラム症(ASD)」に統合。そのうえ、何と「アスペルガー症候群」というお馴染みのサブカテゴリーもなくなってしまいました!(研修中のASD専門校の生徒は殆どがアスペっ子なので、なんだかショックでした)

しかも、「な~んだ、これからは全てASDでいいんだ」と思いきや、そうでもない様子。というのは、これまでPDDのカテゴリーに入っていた全ての診断がASDに統合された訳ではなく、別カテゴリーに移行したものと、別カテゴリーで新たな診断名がついたものがあるからなんです。

DSM-IV(1994年)では、

広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorders)

  1. 自閉性障害(Autistic Disorder)
  2. レット障害(Rett’s Disorder)
  3. 小児期崩壊性障害(Childhood Disintegrative Disorder)
  4. アスペルガー障害:(Aspergar’s Disorder)
  5. 特定不能の広汎性発達障害:(Pervasive Developmental Disorder not otherwise specified(PDDnos))

↓ 改定

DSM-V(2013年)では、

 自閉症スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder)

  • ただし、2の「レット障害」はX染色体異常で、自閉症とは関連がないため、診断から除外
  • また、4と5の中で、「社会性の障害」と「常同性」がある場合はASDのカテゴリーに、「社会性の障害」のみの場合は、ASDでなく「社会的(実践的?)コミニュケーション障害(Social (pragmatic) communication disorder)」となる

厚生労働省のホームページでアスペルガー症候群を調べてみると、

- 自閉症の3つの特徴のうち、「対人関係の障害」と「パターン化した興味や活動」の2つの特徴を有し、コミュニケーションの目立った障害がないとされている障害です。言葉の発達の遅れがないというところが自閉症と違うところです。知的発達に遅れのある人はほとんどいません- とありました。

厚生労働省のホームページ e-ヘルスネット「アスペルガー症候群について」より http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-03-006.html

あれっ?コミュニケーションの目立った障害がない??? アスペも自閉症も、基本的には「社会性」・「コミュニケーション」 ・「想像力」の3分野に障害があるのでは…。私は、アスペの子は知的発達や言語に遅れがないんだと思ってましたが、どうも医師や団体によって、定義が少しずつ異なっているようですね…。

「常同性」というと、手をヒラヒラさせたり、ぴょんぴょん跳んだり、同じ遊びや何かをする順番に執着したり--でも、年齢によって改善するケースも多いし、はっきり「常同性」と区別しにくいケースもありそうです。

この間、休み時間に校庭で男性のTAと話していたら、そこにクラスの子がやってきたんです。私と話していたTAに、PCゲームのことでやけに詳しい質問をし、よどみなく長いやり取りをしました。彼が行ってしまった後、「あの子の知識はすごいよね。話し言葉も自然だし、ぱっと見だとASDだとは思えない」と言ったら、「実は毎回僕のところに来て、全く同じ質問をするんだよね」と…。これも「常同性」なんでしょうか?

また、特定不能の広汎性発達障害(PDDnos)について、wikiで下記のような興味深い記述を見つけました。

- 東京大学名誉教授医学博士)の栗田廣氏は、「海外ではPDD-NOSとして診断される障害者がPDDの2分の1であるのに対して、日本ではPDD-NOSはほとんど診断されず、アスペルガーとして診断され ている。実際、信頼できるイギリスの診断結果の報告文によると、比率的にPDD-NOSがやはりPDDの2分の1、アスペルガーはPDDの13%(全人口 の0.1%)にすぎない。どちらも高機能であり、診断は難しいが、日本でアスペルガーとして診断されている障害者(全人口の0.3 – 0.4%)の多くは実はPDD-NOSではないか」という旨の疑問を呈している -

こちら → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E4%B8%8D%E8%83%BD%E3%81%AE%E5%BA%83%E6%B1%8E%E6%80%A7%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3

あれれ、何だかアスペや広汎性発達障害の診断も、医師や病院、属する機関によって少しずつ違うのかも…。

長くなってしまったので、いったん切りますね。ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございます。

なお、発達障害の説明については、「軽度発達障害フォーラム」というサイトが詳しく、解かりやすいと思いました。

こちら → http://www.mdd-forum.net/pdd_teigi04.html

 

DSM-Vに登場した新たなコミニュケーション障害(その1)” への4件のコメント

  1. マーキュリー2世さん

    コメントありがとうございました。

    >アスペルガーについては次回のDSMで復活するだろうと予測している論文もあります。

    そうみたいですね。ASDは連続体ですが、やはり高機能とそうじゃない場合、言語能力が高い場合など、それぞれ対策が随分違ってくると思われるので、何らかのガイドラインは必要になってくると思います。

  2. 龜コメントで申し訳ございませんが一言。

    まずDSMはアメリカ国内での使用を目的に作成された診断基準です。ICDは全世界で使用されることを目的に作成されています。例えば対人恐怖症が日本の文化依存症候群とされるように、「病的とみなされる状態」は集団により異なりますので、当然DSMとICDでは内容に食い違いがあります。

    それはそれでご理解頂くしかないとして、診断作業における常同性(こだわり)とは、同じ行動を繰り返す現象がある、だけではありません。例としてDSM-5をみてみると、Bブロック;限局された反復する行動や興味(こだわり)に、
    1.エコラリア、常同・反復行為
    2.同一性へのこだわり、儀式
    3.著しく限局された興味
    4.感覚刺激の反応亢進または低反応
    以上4つの記載があります(これらから2つ以上)。

    常同行動(1.)まで行かなくても、いつもと違う活動で不安定になる(2.)+聴覚過敏がある(4.)、こんな感じの子はたくさんいますよね?

  3. 通りすがり 様

    コメントありがとうございました。昨年12月から身辺に色々ありまして、お返事が遅れてすみません!

    DSMとICDの違いを説明してくださり、ありがとうございます。日本ではDSMを使用することが多いので、日本の緘黙児にも影響するかもしれないと思い、記事にしました。

    ご指摘の「常同性」についてですが、私はAブロック全体をひとくくりにして「社会性の障害」、Bブロック全体を「常同性」としたつもりで、「常同行動(同じ行動を繰り返す現象)」のみを指したつもりではありませんでした(全部書くのが面倒で、つい省略してしまいました)。説明不足で判りにくかったですね…。

    >常同行動(1.)まで行かなくても、いつもと違う活動で不安定になる(2.)+聴覚過敏がある(4.)、こんな感じの子はたくさんいますよね?

    これは、「社会性の障害」も持ち合わせる、自閉症スペクトラムの子についてですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です