英国のロックダウンは続く(その5)


ロックダウン7週目が終わろうとしているイギリス。今週は晴れの日が続き、うららかな初夏の気候なんですが…。ヨーロッパで最悪の感染国となってしまったうえ、今なお記録を更新中で、明るい気持ちにはなれません。

壁に挟まれた路地で見つけた藤の花

ジョンソン首相が「感染のピークは4月半ばに過ぎた」と公式に発表した後、5月3、4日は死者数が300人程度に。やっと出口が見えてきた~!! と喜んだのもつかの間、再び数字が上がって5、600人台にまで逆戻りしてしまいました…。

NHS病院の入院患者は確実に減ってきているものの、ケアホームや介護施設での感染が止まらないようです。政府の統計によると、死者の5分の1以上がこのセクターだそう。イングランドだけでも1万5000の施設があり、感染者の介護や他の利用者達の隔離など困難を極めているのです。施設のスタッフは看護士ではないうえに、自己防衛のためのPPE不足、PCR検査不足が重い足枷に…。早く何とかしてあげて欲しい!

そうそう、「4月30日までにPCR検査を10万件まで増やす」という政府の公約は、最終日の30日に果たされました。当日は12万件まで増えましたが、以後10万を超えたのは1日だけで今週は7~9万件の間を行ったり来たり。

PCR検査の数が以前の4~5倍に膨れ上がったためか、毎日の感染者数はまた4~6000台に逆戻り。ちなみに、今日は9万7029の検査をして、陽性者は4649人でした。陽性率は4.8%なので、以前と比べると感染率はかなり下がってきています。

イギリスではロンドンやバーミンガムなどの主要都市に、展示会場を改造した野戦病院、ナイチンゲール病院を設置しました。でも、結局ロンドンでは61人を収容したのみで、現在の患者数はゼロ。バーミンガムでは一人の患者も収容することなく終わりそうです。

今日までに21万1364人が感染し、3万1241人が命を落としたものの、医療崩壊は起きていません。でも、それなら何故こんなに犠牲者が多いのか…?

ロックダウンする前、政府はPPEの準備は万端と豪語していました。が、チャンネル4 TVの取材によると、備蓄されていたPPEの多くが期限切れだったとか…。いざ配布する時になって、あわてて使用可能かどうか調査するなど、様々な不手際があって深刻なPPE不足に繋がったのです。

そういえば、危機的なPPE不足が叫ばれていた先月、わざわざ英国空軍がトルコまで取りに行ったガウンは、安全基準を満たさずお蔵入りになったとか…。被害を受けるのはNHSの医療スタッフと国民。ちゃんと責任を追及して、今後こういうことが起きないようにして欲しいものです。

イギリスではこれまでに150名ほどのNHS医療従事者が亡くなり、政府はそれぞれの遺族に6万ポンド(約800万円)のお見舞金を支払うとを発表。仕事とはいえ、最前線で戦うことは精神的にも肉体的にもどれほど過酷だったことか…。NYでもニュースになりましたが、白人と比較して黒人やインド系のスタッフの死亡率が高く、現在調査が進められています。

入院患者の数が減ってNHS病院が安定してきたためか、先週末には「新型コロナ以外で病院での診察や治療が必要な人は、我慢しないで病院に行ってください」とメッセージが。感染を恐れるあまり、新型コロナ以外で救急病院に行く人が60%減ったというデータも出ているようです。

ロックダウンは今月末までは続く予定です。でも、先週末から俄かに出口戦略の話題が出始めました。5月5日からイングランド南部にあるワイト島で、新型コロナの感染拡大を予防するための携帯アプリをスタート。この実験が成功したらイギリス全土に普及させる予定だとか。

これはユーザーの位置情報データを利用して、感染者の行動パターンを監視し、濃厚接触者にいち早く感染の可能性が報告するというもの。政府は感染者の数や感染傾向を把握できる訳ですが、ユーザーのプライバシーの侵害が問題になってきますね…。

ピークは過ぎたとはいえ、感染者も死者も安心できるほど減っていません。経済も心配ですが、危険を冒さずに慎重な判断をお願いしたいです。

<関連記事>

手洗いとマスク

使い捨てマスクの消毒法

英国のロックダウンは続く

英国のロックダウンは続く(その2)

英国のロックダウンは続く(その3)

英国のロックダウンは続く(その4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください