今年一番のポカポカ陽気


今日は朝からよく晴れ渡り、今年一番の温かさとなりました。午後には最高気温が20度近くまで上がり、歩いていると汗ばむほど。

実は、今日は私の誕生日でした。夫はサプライズギフトで祝ってくれるタイプではないので(両親が海外赴任族で8歳から寄宿学校暮らしだったため、そういった経験に乏しく、今でも誕生日や記念日が苦手です)、いつも自分でさっさと計画を立てます。

最初、テートモダン美術館にポール・クレー展を観に行くつもりだったのですが、最高気温が16度まで上がるという予報を聞き、予定を変更。この間ウォーキング中に発見したカフェでブランチを食べ、森林公園ハムステッド・ヒースにお散歩に行くことにしました。

 IMG_3925

         シャビーシックな内装が素敵なカフェ内には、ギフト雑貨も置いてあります。                        込み合っていたので店内が撮影できなくて残念。

IMG_3933IMG_3932      所謂イングリッシュブレックファーストの具を積み上げたブレックファースト・スタック。ヴィンテージの食器が可愛くて、とっても美味。オリーブ入のパンと一緒に。

ハムステッド・ヒースの近くに駐車したのですが、陽気がいいためかヒースを目指して歩くカップルや家族連れがいっぱい。みんな考えることは同じですね。公園内は人で賑わい、午後2時過ぎには芝生に寝そべる人が続出。イギリス人はちょっと陽気がいいと、季節に関係なく、いきなり半袖になるんです。さらに、少し暑いくらいの陽気だと、公園には上半身裸になる男性が続出!–今日も数人いました(笑)。

IMG_3954修復工事が終わったばかりのケンウッドハウス

3月に入って春の花が咲き始めていましたが、この陽気で色々な花が一斉に開花した感じ。例年より3~4週間早いような気がします。

IMG_3934イギリスの春の風物詩、ラッパ水仙は6分咲くらい

IMG_3951

 クロッカスはすでに盛りを過ぎたかな

IMG_3942

 桜も満開に近い感じ

IMG_3959

 何とシャクナゲまで咲いていてビックリ

車を止めたのは、”Billionaires Row(億万長者通り)”と呼ばれ、10億単位の屋敷が連立する通り。コリント式の円柱がついた美術館のような建物や、バッキンガム宮殿のごとく立派な鉄柵がある家屋も。贅を凝らした屋敷はたいてい高い塀や鉄柵で囲まれていて、人が出入りしているのを見たことがありません。

IMG_3961建築様式もサイズも様々ですが、この様にでかくて立派なお屋敷ばかり

が、今日はある家の門にピンクの風船が飾られ、ゲートが開いているではありませんか!風船はこの家の女の子の誕生会が催されているという印です。「マミーと同じ誕生日の女の子がいるよ」と息子がいうので覗いてみると、およよ…。門の横に怖そうなバウンサー(警備員)が2人立っているではありませんか!お金持ちのお嬢さんになるのもナカナカ大変そうです。

IMG_3960帰り際に覗いてみたら、2人のバウンサーは門の前から奥へと移動してました!

今年一番のポカポカ陽気” への2件のコメント

  1. ミクさん、お誕生日おめでとうございます。
    名前と同じ3月9日がお誕生日なんですね。

    ミクさんのお誕生日を知り、不思議なご縁を感じます。
    我が家の長女ミクの誕生日が3月10日、妻の誕生日が3月11日なのです。

    ちなみに、我が家のミクの名前は、昔テレビで西田敏行と杉田かおるが出ていた、
    「池中玄太80kg」というドラマの次女と三女の名前がミクとヤコの音のイメージが、
    とても好きで、長女にミク、次女にアコと命名しました。

    いつも、イギリスの情報ありがとうございます。
    季節感たっぷりで、イギリスの風景や歴史を伝わってきます。
    大晦日の花火動画は圧巻でした、家族みんなでため息でした。

    私の従兄弟が長い間ロンドンに駐在していて、その子ども達もロンドン生活が長く、
    長男はケンブリッジで勉強していると聞いています。
    ひょっとしたら、日本人の繋がりで、ミクさんともお会いしているかもしれませんね。

    すいません、長くなりました。HP情報楽しみにしています。

  2. せとっこさんへ

    いつも読んでくださって、ありがとうございます!
    お嬢さんと奥様も、お誕生日おめでとうございました。
    せとっこさんのご家族2人と誕生日が1日、2日しか違わないって、すごい偶然です。
    お宅ではどんなお祝いをしたんでしょう?
    2人続けてだから、ちょっとしたイベントですね。
    (『池中玄太80kg』というドラマ、見たことも聞いたこともなく…今度You Tubeで探してみます)。

    私はすっかりトレンドに乗り遅れているので、普通の暮らししかご紹介できないんですが、イギリスの雰囲気が伝われば嬉しいです。

    従兄弟さん家族がロンドンに駐在されてるんですね。
    もしも、ご家族で来英されることがあったら、是非教えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です