SMIRAのパーティでカースティさんにお会いしました(その3)


SMIRAパーティでは出席者が少なかったこともあり、カースティさんだけでなく、カースティさんのお母さんのケリーさんと話す機会にも恵まれました。『ザ!世界仰天ニュース』に出演されていたので、すぐ判りましたが、若々しくて綺麗な方です。カースティさんより4歳年上のお姉さんも美女ということで、美人の家系なんですね~。

IMG_3334

カースティさんとお母さんのケリーさん

カースティさんは学校で話せず苦しんでいた期間でも、「喋れない自分はどこかおかしいのでは?」と疑ったことは、一度もなかったそうです。これは、家族が彼女に対してごく普通に、温かく接していたことが大きかったんじゃないかなと思いました。緘黙児は自己評価が低くなりがちなので、できるだけ自信が持てるように、家族が心配を見せず、どっしりと構えている必要があるかもしれません。

ケリーさんに、「カースティさんが他の子と違うと心配になりませんでしたか?」と質問してみたところ、「姉弟と比べると、昔から大人しくて、絵を描いたりすることが好きでしたね。アーティスティックなタイプです」という答えが返ってきました。言葉は少ない方だったそうですが、それがカースティさんの個性と捕らえ、全く心配はしていなかったそう。ただ、極端な引っ込み思案のため学校で話せないのが、心配の種だったそうです。

うちの息子は学校で我慢していることが多かったせいか、それとも私に甘えている部分が大きかったせいか、緘黙が酷かった頃は家で良く癇癪を起こしたものです。カースティさんはどうだったのかなと思い、これも訊いてみたのですが、返事をきいて驚きました。

ケリーさんは、カースティさんが話せる時間、ほっと安心できる時間を作るため、毎日お昼休みに自宅に連れ帰っていたそう!自宅でランチを食べさせて、学校でどんなことがあったか二人で楽しくおしゃべりしたとか。そのせいかどうか、癇癪を起こしたりすることは全くなかったそうです。

イギリスの小学校は通常人数が少なくて、1学年1クラスという小さな学校も珍しくありません。1学年に3クラスあると、規模が大きいと見なされるくらいです。日本と比べ融通はきくと思うのですが、ランチタイムに自宅に連れ帰るというのは珍しいケース。学校を相手に、ケリーさんがかなり頑張ったのではないかな…。

『ザ、世界仰天ニュース!』で、カースティさんが自宅で話しているビデオを教室でクラスのみんなに見せるシーンがあります。これがきっかけとなり、カースティさんは場面緘黙から少しずつ脱却していきました。番組の中では、担任はケリーさんに相談したように描かれていますが、実際はそうではなかったようです。

ケリーさんによると、「娘がちゃんと喋れることを証明するつもりで、学校にビデオを送った」のだそう。それが、ケリーさん親子に何の相談もなく、全校集会の時にいきなり生徒全員にビデオを見せたのだとか…。ものすごい荒療治ですよね。

カースティさんの場合は、ビデオを見せたことが彼女の背中を押してくれる結果となりました。でも、子どもによっては、それが致命的な心の傷になってしまうケースも有り得ると思います。何か思い切った手段を取る時は、子どもの性格や、その時の心理状態、周囲の人間関係や環境などをよく見極める必要があります。ちなみに、うちの息子だったら、永遠に恨まれていたかもしれません。

感受性が強い緘黙児は、ちょっとした出来事がものすごいステップアップに繋がる時もあるし、反対に大きなダメージになることも…。1歩ずつ順調に進んできたのが、いきなり3歩後退することも往々にしてあります。また、全然進歩してないと思われる時期もあれば、一気に進歩することもあるかと思います。

親ができるのは、子どもをよく見て、子どもの心に寄り添い、その時に最善と思われることを遂行することではないかな、と思います。

 

関連記事: 『ザ! 世界仰天ニュース』(その1)

        『ザ!世界仰天ニュース』(その2)

        『ザ!世界仰天ニュース』(その3)

       SMIRAのパーティでカースティさんにお会いしました(その1)

       SMIRAのパーティでカースティさんにお会いしました(その2)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です