SM H.E.L.P. サミット マギー・ジョンソンさんの講演(その3)

2021年も明日で終わりですね。去年末はアルファ株の激増でロックダウンしていたイギリス。今年はオミクロン株が激増して、本日の感染者数はパンデミック始まって以来、最多となる18万9000人を越えてしまいました!それでも、昨年に比べると重症化率が低く、死者数も少ないのが救いのひとつ。一部の科学者が指摘するように、コロナウィルスが徐々に弱毒化して、風邪のような存在になれば良いのですが…。

    

   イングランド中部のクリスマスは深い霧に包まれていました。義両親宅の近くのBrixworthの町まで歩き、その起源をアングロサクソン時代の7世紀まで遡るというAll Saint Churchを見てきました

……………………………………………………………………………………………………………………………..

さて、マギー・ジョンソンさんのオンライン講演の続きです。

<ティーンと成人向けのスライディングイン法>

マギーさんがスライディングイン法を重要視するのは、最小のストレスで最速の回復を期待できるから。

ティーンや成人と子どもとの主な違いは、年齢的に場面緘黙が恐怖症だと理解できること。不運にも恐怖症になっているだけで、緘黙状態は本来の自分ではない――スモールステップ法を実践すれば、少しずつ恐怖心を克服できると理論的に理解できることです。

(みく注:ティーンや成人は緘黙を「恐怖症のひとつ」と捉え、第三者的な視点でみることができるということですよね)

脳が間違った反応をしているため、脳を再訓練して危険でないことをゆっくり学習していきます。危険がないと判断できれば、脳内でFight or Flight(戦うか逃げるか反応)の自動スイッチが入ることはありません。

例えば、大きな黒い犬が向こうからどんどん近づいてくると仮定してみてください。犬が自分に危害を加えるかもしれないと判断すると、脳は自動的にFight or Flight モードに。でも、危険はないと解れば、恐怖はなくなりパニック状態に陥ることはありません。

スモールステップに対して、「じゃあ、試してみようか」と本人が思えること、大きなプレッシャーを感じずに自分のペースで進めること――本人が「大丈夫、できる」と思えることが重要になってきます。

16歳のポーランド人の少年、サンダー君の例:

症状:2年間心理士にかかったが進歩はなく、親しい関係の祖父母にも話せなかった

母親が渡英して緘黙の研修を受け、緘黙は恐怖症だからスモールステップで克服できると説明。サンダー君は「それならできる」と同意し、まず祖母とスライディングイン法を試み、話すことに成功。翌日、祖父とも試みる予定だったが、スライディングイン法を実施することなしに話すことができた。

心理士とセッションを続けていた間、サンダー君は「原因は自分にある」と自分を責めたり、絶望したりしていました。それが、たった2日間で祖父母と話せるように!彼はその後、理解のある学校に転校し、そこで徐々に緘黙を克服することができたそう。現在は、緘黙だった過去を想像できないまでに回復しているとか。

マギーさんは、年を重ねることに緘黙が固定化して話せない人が増え、克服が難しくなる傾向があると指摘。けれど、適切な支援と本人の理解があれば、必ず克服できると語っています。まず、「緘黙は恐怖症で、克服できるもの」と理解すること。この気づきがあれば、長いセッション1回で話せなかった人と話すことも可能となるのです。

子どもの場合は、恐怖を感じさせないよう、短時間のセッションを何度も行う必要があります。プロセスを小さなセクションに分け、根気よく積み重ねるのです。親子のいる部屋にマギーさんが入り、子どもと話をするまでに平均で10セッション程度かかるそう。

一方、ティーンや成人の場合は、長いセッションを一度行うだけで話せるようになるケースも。スライディングイン法は、緘黙の程度や個々の状況に合わせてやり方や回数・時間などをいくらでも調節できるところが利点だといいます。

(次回は具体的なケースをご紹介します)

オミクロンの脅威は消せませんが、皆さん身体と心の健康に気をつけて、良い新年をお迎えください。

<関連記事>

大人の緘黙ー緘黙啓発月のSM H.E.L.P. から

第2回 SM H.E.L.P オンラインサミットから(その1)

第2回 SM H.E.L.P オンラインサミットから(その2)

第2回 SM H.E.L.P オンラインサミットから(その3)

SM H.E.L.P. 2021年秋サミット マギー・ジョンソンさんの講演(その1)

SM H.E.L.P. 2021年秋サミット マギー・ジョンソンさんの講演(その2)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

Spread the love

SM H.E.L.P. サミット マギー・ジョンソンさんの講演(その3)」への4件のフィードバック

  1. 初めまして。米国からブログを拝見させていただいてます。いつも参考に読ませていただいてます、ありがとうございます。

    記事に関連した質問ではありませんが…一旦話せるようになってきた子ども(low-profiIe-SM)が、もっと他の人や子どもと、話す内容を増やしたり、initiateできるようにする方法は存在するのでしょうか。ご存知でいらっしゃいますか?

    私の長女(3.6歳)にSMが見られます。
    この一年でミュートから話が出来るようになりました。ただ、相性があって人間関係が成立していると、問題が目立たないのですが、そうでない人には、同じように振る舞えないので、社会不安の方が強い感じです。

    • Norikoさん

      お問い合わせ、ありがとうございました。
      娘さん、この1年間で話せるようになったとのこと。良かったですね。

      >一旦話せるようになってきた子ども(low-profiIe-SM)が、もっと他の人や子どもと、話す内容を増やしたり、initiateできるようにする方法は存在するのでしょうか。ご存知でいらっしゃいますか?

      マギー・ジョンソンさんの共著書『The Selective Mutism Resource Manual』の “Facing fears at home & in the community” に方法が掲載されています。

      娘さんは3.6歳ということですが、もう幼稚園には通っていらっしゃるんでしょうか?
      でしたら、幼稚園のお友達をプレイデートに誘い、1人→複数人と徐々に人数を増やしたり、保護者を巻き込んだり、場面を変えたりしていくといいと思います。

      あと、習い事やご近所との交友などを通して話せる人のサークルを広げたり、できるだけ幅広い社内的経験を積むことをお勧めしたいです。

      多分、娘さんは抑制的な気質を持たれているのでは? 新しい場面に慣れるのに時間がかかりますか? 入園や就学が大きなハードルとなると思うので、それまでに一人でも多く話せる人の輪を作っておけると安心ですよね。

      • 遅くなってしまいましたが、教えていただいてどうもありがとうございます。
        早速、取り寄せたので確認してみます!

        仰る通り、長女には抑制的な気質があります。デイケア/プリスクールに2年近く通っています。「新しい場面」とは、スクールの子と公園でプレイデートするとかでしょうか?長女の場合、人が大きな要素で、場所も関係してくる感じです。
        スクールで最近は殆ど関わりがない子と自宅で遊んだら、長女からの自発的な発話があり、今後も一緒に遊べるかもと思ったのですが、スクールが始まると以前と同じ、関わりがない感じです。
        ただ、好きなお友達には、スクールでも公園でも自発的な発話や行動があります。
        そうですね、1対1から増やしていきたいなと思っているのですが、相手のお子さん達ももうすぐ3歳になるので、1人遊びも多く、少し難しい面もあります。

        米国のSMAに登録している心理士に相談もしているのですが、細かいスモールステップは自分で分析してやっていかなくてはならず、もっと勉強せねばと思っています。

        厚かまわしいと思いますが、ご経験談を個人的に伺うことはできませんでしょうか。
        お忙しいとは思いますが、もしお時間いただけたら幸いです。

        • Norikoさん

          お返事ありがとうございました。
          長女さん、うちの息子にすごく似ていると思います。

          >ただ、好きなお友達には、スクールでも公園でも自発的な発話や行動があります。

          とてもいい傾向ですね。「友達になりたい」という気持ちが強いんでしょうね。好きなお友達のお母さんとNorikoさんが親しくなると、子どもも安心するし、プレイデートにも誘いやすいかと思います。

          >相手のお子さん達ももうすぐ3歳になるので、1人遊びも多く、少し難しい面もあります。

          娘さん、自分より少し年下の子の方が緊張が少ないようですね。家に招待して、Norikoさんが仲介しながら楽しく遊ばせるといいですよ(ちょっと疲れますが)。楽しければまた来てくれるし、相手の家にも招待してくれるようになると思うので。

          >厚かまわしいと思いますが、ご経験談を個人的に伺うことはできませんでしょうか。

          私でよければですが、今確定申告と生徒の模擬試験の準備に追われています。2月に入ったら時間ができると思いますので、こちらからご連絡しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください