ASD児の不安と緘黙児の不安


クラスの5人の子ども達に共通しているのは、「自閉症の三つ組」と呼ばれる特性です。子どもによって三つ組のバランスや現われ方は違いますが、程度の差はあれ全員これらの特性を持ちあわせているなあ、と納得しているところです。

1) 社会性の質的な差異

年齢相応の常識や社会性を身につけるのが難しく、場の空気を読んだり、人の気持ちを察して行動することが苦手

2) コミュニケーションの質的な差異

適切な言葉やボディランゲージを使って人と交流することが難しい

3) イマジネーションの質的な差異

目の前にない事柄(もの・情報・可能性など)について推測したり予測したりすることが困難

研修初日にクラス担任に言われたのは、「この子達は、時間や空間といった抽象的な概念を捉えるのが苦手だから、教室の移動やスタッフの顔ぶれが変わるだけでも不安になりやすいの。だから、スケジュールが変わる時は要注意」ということでした。

「抑制的な気質」を持つ緘黙児も、新しい状況に慣れるのに時間がかかり、未知の体験・環境・人に対して不安になると言われています。また、ASD児と同様に、感覚過敏がある子も少なくないようです。それでは、ASD児とSM児の感じている不安は同種類のものなのでしょうか?

以前、『Selective Mutism in Children(2003)』の著者のひとりであるトニー・クライン教授にこの質問をしたところ、「SM児とASD児では、抱えている不安の質が違う」という興味深い返事が返ってきました。

彼によると、SM児の不安は「自分が話しているところを人に見られたくない=人前で失敗したくない、目立ちたくない」という社会不安であり、ASD児の不安は「予測がつかない事態への不安」だということ。

これまで体験入学でやってきた子のお世話を何度かしたのですが、どの子も「次はなにをするの?」と質問してきます。担任が事前に必ず作成しておくのが、その子用の時間割。最初に時間割の説明は済ませているのですが、訊かれる度にそれを見せて、「今この授業をやってるから、次はこれだよ」と説明すると、みんな安心するのです。

(ちなみに、教室内には仕切りのついた個別のブースが5人分あり、それぞれの子どもに机とPCが与えられ、壁にはラミネート加工したその日の時間割が貼ってあります(曜日毎に貼りかえます)。驚いたのは、子どもによって時間割の表記が異なること。数字と教科を記しただけのシンプルなものもあれば、時計の絵と教科のシンボルマークが入ったもの、1教科終わるごとに閉じて、その時やっている教科と時間が明確になるものなど、実に工夫に富んでいて感心します)。

朝の会では、まず最初に担任がその日のスケジュールと変更事項などを説明するのですが、これが子ども達の不安を低減するのに役立っているよう。また、ひとりひとりの子どもに対し、その日の具体的な目標を確認(例えば、発言する時は手を挙げるなど)するのも、どう行動すればいいか解りやすいと思います。

子ども達には、普段心配そうだったり、不安そうにしている様子は見られません。何か嫌なこと、したくないことがあって不安になった場合は、即座に「嫌だ」、「やりたくない」と強い拒否反応を示すことが多いかな…。ASD児はとても正直なので、嫌な時、不安な時、困っている時はストレートに言動に現われるように思います。

学校にはホールがあって、ランチや全校集会、屋内体育の授業などに使用するのですが、全校集会に出ることを嫌がる子がいました(現在はあまり問題ありません)。途中で転校してきたこの子は、ランチの時間は全く平気なのに、全校集会の時だけ時々問題児に…。聴覚過敏で騒音が気になる部分もあったようですが、何をするのか予測がつかない部分と前の学校での嫌な体験が不安に繋がっていたようです。

皆と一緒にベンチに座っていたのに急に立ち上がって教室に戻ろうとした時もあれば、問題なく話を聞いていた時、嫌がってホールに入らず教室のドアを蹴飛ばして大声で叫んだ時もあり、何が原因なのか??? そうかと思うと、うちのクラスが発表会をした時には、皆の前でPCを操作し、堂々と発言するという…。

その時々の雰囲気や心理状態などが強く影響しているという印象で、すごく波がありました。人にどう思われるかを気にする面は、あまり大きくなかったような…。

一方、息子も全校集会を酷く嫌がっていた時期(小3の頃)があったのですが、理由を訊いてみたら、「もし校長先生に呼ばれたら、何か訊かれるかもしれない。怖い」と。更に、様々なシチュエーションを想像して、もし何か失敗したらどうしようと、心配しているのです。ちょっと考えすぎ、想像しすぎじゃないのと思えるくらいに。

全校集会では、その週に頑張った子ども達を校長先生が表彰(といっても、とても簡単なもの)する習慣があって、大勢前に出て行って簡素な表彰状をもらい、大抵は”Thank you”を言う程度だったと思います。何とかそういう場でも返事ができるくらいまで回復していた時期でしたが、まだまだ不安は大きかったよう。実際に体験してみて、「あっ、思ったほど大変じゃなかった」と実感することで、徐々に慣れていくことができたように思います。

この2つのケースを比較してみて、不安の質が違うというのはこういうことなのかなと考えていますが、どうなんでしょうか?

 

ASD児の不安と緘黙児の不安” への4件のコメント

  1. こんばんは。現在、海外在住の2児の母です。娘インターナショナルスクール(Y8)での生活が大変難しくなっており、ネットで検索している際に、こちらのブログに出会えました。 Selective Mutism という言葉を教えて頂けて大変嬉しく思います。娘が10歳の頃に医師から、アスペルガーと断定できないと言われて以降、なるほどと思いつつ、しっくりしないまま来ましたが、緘黙ということを知り、幼稚園の頃からほとんど話さない娘はそうだったのかもしれない、と今夜、発見して、かなり動揺しています。取り急ぎ、ブログを拝読させて頂きましたお礼と思い、コメント欄にて失礼をお許しくださいませ。ありがとうございます。

  2. mia och様

    初めまして。コメントありがとうございました。
    娘さんの学校生活が難しくなってきているということで、随分ご心配なことでしょう。
    まずは学校に情報を提供して、少しでも理解と協力を得られるといいですね。
    下記の支援団体のサイトから無料の資料をダウンロードできます。

    ・かんもくネット http://kanmoku.org/handouts.html
    ・SMIRA(イギリス) http://smira.org.uk/index.php/downloads/smira-leaflets
    ・SMart Centre(アメリカ) http://www.selectivemutismcenter.org/resources/resources 

  3. こんにちは。先日はご丁寧なお返事をありがとうございました。お礼が遅くなり大変失礼致しました。あれから、夏休み等々を経て新学期になり、すでにもう第一タームも終了間近になりました。私立のインターですがスペシャルニーズの先生もいるところから、つたない英語ではありますが、支援を受ける子供の保護者とも時折交流しています。新興国で、アスペルガー、ディクレシアなどの専門家もいないため、こちらのブログのお話はとても参考になりますし、また励みにもなっております。ありがとうござます。

  4. mia och 様

    お久しぶりです。コメントありがとうございました。
    学校にSENの先生がいらっしゃるなら、娘さんが学校生活を送りやすいよう、遠慮せずに色々お願いしてみてください。
    緘黙支援は長期戦になることが多いので、家では娘さんと一緒に楽しい時間を過ごせるといいですね。勉強だけでなく、一緒に料理したり、ファッションに興味を持ったりすることも、意外に大切です。何でもいいので、娘さんの好きなこと・やりたいことを応援してあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です