春の兆し


1月の初めに日本から戻って以来、五里霧中のような感じで
何をするにも現実感が薄い毎日
霧の中にすっぽりと囲まれてしまったようで
出口を見つけようともがいていました。

久しぶりに帰った我が家では
キッチンのオーブンが壊れて使えず
今年で15年目になる車も故障中
そのうえ、予期せぬ爆弾のようなメールが届いて
ただでさえ沈んでいた気持ちが、さらに降下することに。

そんな時に話を聞いてくれた友達と
いつもマイペースの家族がいてくれて
何とか心のバランスを保つことができたような気がします。

TAの仕事には戻れませんでしたが
単発の仕事が舞い込んできて
急に忙しくなったのも良かったのかもしれません。

でも、いったん仕事が切れたら
やっぱりモヤモヤは晴れてなくて
またまた無力感に襲われる日々。

これではいけない、何とかしなくちゃと焦り
気分を上向きにするために
自分の好きなこと、今やりたいことを
とにかく実行してみようと思い立ちました。

偶然にもネットでアイスショー”Art on Ice”のチケットを譲りたいという人がいて
試しにコンタクトしてみたらトントン拍子に話が進み
ローザンヌへ一泊の旅にでかけることに。

IMG_20150212_161004

ロンドンからジュネーブまで飛行機で1時間半、ジュネーブからローザンヌまで電車で40分ほど。
知り合いが誰もいない土地にひとりで行くなんて、何年ぶりのことか…。

IMG_20150211_141022IMG_20150211_141008

まずホテルに荷物を置いて起伏の多い街をぶらぶら観光。まだ雪が残る中、陽光が暖かかったので外で遅いランチを摂りました。何の変哲もないサンドウィッチだったのに、ライ麦パンとマスタードがめちゃ美味しかったです。

IMG_20150211_144048IMG_20150211_144541IMG_20150211_144818IMG_20150211_145101

カフェから階段を上がるとすぐローザンヌ大聖堂。小高い丘の上にあり、街を見降ろせました。

IMG_20150211_213946

夜は無事にアイスショーを鑑賞。結構リンクに近い席で高橋大輔、ステファン・ランビエール、カロリーナ・コストナー、ジョアニー・ロシェット、ボロソジャル&トランコフ等をガン見してきました。チケットを譲ってくれた熱烈なフィギュアファンの女性と少しおしゃべりも。彼女はVIP席で公演後のパーティにも参加したそう。

IMG_20150212_105341IMG_20150212_103401

翌日は曇り空の下でレマン湖付近を散策

IMG_20150212_110225IMG_20150212_110135

オリンピック博物館を通りぬけてエリゼ写真美術館に行く途中、シュールな彫像がいっぱい。写真の彫像は何かルネ・マグリッド風じゃないですか?

ラクレットチーズをお土産に、夕食の支度に間に合うようにロンドンに帰りつき、ふたたび日常に戻りました。

ちょうどバレンタインの日から
息子の学校のハーフターム(学期中間の1週間休み)が始まったので、久しぶりに主人の実家へ。

IMG_20150214_090658

主人と息子からのチョコとカードに感激

どういう訳か義父と義母が順番に風邪(インフルエンザ?)で寝込んでしまい
1週間ずっと家事を担当するはめになりました。
帰国中に息子を預かってもらったので、少しはお返しができたかも。

天気はあまり良くなかったのですが
空気に春の兆しが感じられ、早春を告げる花々が咲き始めていました。

IMG_20150217_160712

IMG_20150221_141313

IMG_20150217_160440

こんな風に季節はまた巡り、新しい生命が芽吹いていくんですね。自然の力はすごいです。

私のひとりごとに最後までお付き合いくださった方、ありがとうございました。次からやっと、緘黙の話題に移れそうです。

春の兆し” への4件のコメント

  1. こんにちは。3歳半の息子が場面かん黙なのではないか、なにか出来ないかと思い
    ネットで探していたところ、当ブログを拝見させていただきました。
    息子さんが少し疲れながらも友達と人間関係を築けている様子に、私も個性と認めながら子供の手助けをしていけたらと思います。私は海外在住で日本への帰省をと考えているのですが、2歳半での帰省の際、飛行機のシートベルトがどうしても子供が受け付けず、パニックのように泣き叫んだことを考えると気軽に帰れない状況です。息子さんも2歳のころ日本への帰省では大変だったようですが、その後はいかがでしたでしょうか?車のシートベルトも嫌で泣き叫んで自分で脱出していましたが、3歳になり言い聞かせることが出来るようになってからは落ち着きました。お忙しいところお手数ですが参考までに教えていただけないでしょうか?場面かん黙の情報がまだまだ少ない中、当ブログに勇気付けられました。ありがとうございます。

  2. ひろえさん

    初めまして。コメントありがとうございました。
    こんな辺境ブログまでお越しいただいて、嬉しいです。

    最初に息子を連れて帰国したのは1歳3ヶ月の頃で、この時は大泣き。2歳半の頃に4時間くらい飛行機に乗った際も、結構グズったような記憶があります。が、3歳半になる前に息子とふたりで帰国した際は、予測に反して全く大丈夫でした。持参したお気に入りの玩具で遊んだり、映画を観たり、通路を歩いたりとずっと機嫌が良く、ちゃんと眠れたのにもビックリ。うちはシートベルトというよりも、眠れなくて疲れすぎたのが原因だったような気がします。お菓子、玩具、本などを入れたリュックを持たせ、離着陸の時に早めに「耳が痛くなるから食べてね」とアメを食べさせたのが良かったかもしれません(やはりすごく痛がりましたが)。

    車のシートベルトは平気になったということなので、飛行機も大丈夫じゃないでしょうか?日頃から飛行機に乗る場面が出てくる絵本やDVDなどを見せて、シートベルトのことを話したり、車に乗る時に「飛行機に乗る時もシートベルトするんだよ」と説明するといいのではないかと思います。イメージトレーニングになると思うので。

    子どもって親が気づかないうちに結構成長しています。あまり心配しすぎないように、でもしっかり寄り添って見守ってあげてくださいね。

  3. お返事どうもありがとうございます。
    あんまり心配しすぎないように、すっごく大切なことですね。
    少しずつ飛行機の情報に慣らして生きたいと思います。

    ブログ楽しみにしています。

  4. ひろえさんへ

    お返事ありがとうございました。励みになります。

    私も今だから「あんまり心配しすぎないように」と言えるんですが、親も不安になりますよね。うちの子の泣き声も絶叫に近い感じだったので、お気持ちはすごく解ります。
    一緒に頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です