春のおとずれ


ロンドンでは全く雪が降らないまま、すでに2月も半ば….。昨年のクリスマスあたりから暴風雨が相次ぎ、南イングランドを中心に各地で洪水の被害が出ています.。うちの辺りは洪水は大丈夫ですが、庭の木塀が風で倒された家が続出。ケント州の友達の家では、屋根の瓦が吹き飛んだとか…。

イギリスの学校には学期の半ばにハーフタームと呼ばれる1週間の中休みがあり、先週末からノーサンプトン州にある主人の実家に来ています。

IMG_20140215_163522

高速を走る車の中から撮影した2月の田園風景

暖冬のせいもありますが、空気にはもう春の気配が。義母の庭や散歩にでかけた先で、草春の目印をたくさん見つけました。

IMG_20140216_163502

スノードロップはイギリスの春を告げる代表的な花

 IMG_20140216_154019

       近くにあるブリックスワース・カントリーパークでお散歩。この辺りでは洪水の被害はなかったものの、貯水湖の近くには大きな水たまりがある箇所も

昨日は朝から暗い雲が立ち込めていたので、外出せずに息子とバナナケーキを作ることにました。義母が新しく購入したオーブン付電子レンジで試してみたら、なかなかの出来。

IMG_20140217_154111

今日はオレンジの芳香に誘われてキッチンに行くと、義母と息子がママレード作りにいそしんでいました。アーガクッカーにかけたジャム用の大鍋で、飴色のママレードがぶくぶく煮詰まって、本当にいい香り。

IMG_20140218_100637

これがジャム用の大鍋

IMG_20140218_102813

        煮沸消毒したジャムジャーに入れて、あとは蓋をするのみ。義母が所属する婦人団体Women’s Instituteのバザーで販売する予定だとか

 ところで、先週のバレンタインデーは皆さんチョコレートに縁がありましたか?イギリスでは、バレンタインデーは女の子が男の子に愛を告白する日じゃないんです。反対に、男性が女性への愛情を示す日なのです。愛の証はチョコレートでなく、情熱の赤いバラ(+贈り物)。

そのため、2月14日はフローリストが1年で最も忙しい日となります。店内は赤いバラで埋め尽くされ、バラの値段が急上昇。最近ではスーパーが花販売競争に加わったのでそうでもありませんが、昔は赤いバラの値段が3倍以上になっていて驚いたものです。

恋人同士だけでなく、夫から妻にも花を贈らないと顰蹙もの。うちの場合は今までの苦い経験を踏まえ、事前に欲しいものをリクエストすることにしています。今年は花はなしにして、Hotelというブランドのチョコレートを所望。家族全員で美味しくいただきました。

Chinese New Year 050

赤いバラの代わりに春の花のブーケを購入。ヒヤシンスの静謐な香りが大好きです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です