息子の緘黙・幼児期5~6歳(その12)誤解されてた!


すでに12月も半ばを過ぎてしまいましたね。天気が悪いせいもあるけれど、朝7時になってもまだどっぷりと暗く、午後4時半前にはもう真っ暗。でも、明日12月22日が今年の冬至で、1年で一番短い日。それから少しずつ日が長くなっていくかと思うと、なんだかホッとします。

大学生になった息子が帰省し、クリスマスの飾りつけも終えました

…………………………………………………………………………………………………………………………..

1年生の1学期は、教室で囁き始めるなど大きな進歩が見られました。その反面、どうしたら普通の声を出せるようになるのかと、随分気をもんだ時期でもあります。

そして、息子のことを随分誤解されていたんだと思い知らされたエピソードも…。

息子の緘黙状態はちょっと不思議で、学校内であっても放課後の校庭で幼稚園時代の親友T君(日本人)と一緒に遊んでいる時だけは、声が出せていたのです(詳しくは、『息子の緘黙・幼児期4~5歳(その18)悲しい想い』をご参照ください)。

多分、学校にいることに慣れて緊張や不安が減ったところに、私の顔を見てホッとする。さらに、仲良しのT君と一緒に行動できる楽しみや、「やっと学校が終わった!」という安堵感があったんだと思います。

また、みんなと一緒になって体を動かしている時は、「見られている」という意識が緩むよう。小学校低学年くらいまでは、第三者の目や自分の行動の不合理性をそこまで深く考えられず、だからこそ「ついポロっ」と声が出てしまうんじゃないでしょうか。

イギリスでは小学校の幼児部 (Infant School 4〜7歳)まで、保護者やその代理人が学校の送り迎えをする義務があります。父親もちらほらいますが、放課後のお迎えはだいたい母親かナニーさんの役割。

校舎から出てきた子ども達は、しばらくの間校庭で遊ぶことが多く、その間母親たちは井戸端会議。私とT君ママはおやつを持参することが習慣になっていて、息子とT君はお菓子やサンドイッチを食べながら校庭を走り回っていることが多かったと記憶しています。

1学期も終わりに近いある日、私は同じクラスのママ達とおしゃべりしていました。

どういう訳か、息子とT君は息子のクラスメートが大勢いるところで遊んでいました。すると、何と息子がクラスメートのいる前でT君に向かって大声で叫んだのです!ちょっと離れていた私たちのところまで聞こえてくる位の声でした。

きっと遊びに夢中になってたんでしょう。何と言ったのか、今では覚えていないのですが、3単語位の文章だったと思います

クラスメートのQ君が私たちのところにやってきて、

「〇〇(息子)がしゃべるの、初めて聞いた!」と純粋に興奮した様子でQ君ママに告げました。

すると、後からやってきたクラスでも代表格のE君が、

「でも、アイツ絶対に教室ではしゃべらないよな!」と…。

私は驚いてしまって何も言えませんでした。

そうしたら、そのすぐ後にもっと巨大な爆弾が!!!

そこに居合わせたE君ママが、「〇〇君、ちゃんと話せたんだ!もしかしたら、精薄なのかと思ってたわ!」

えええ~っ?!

その時放たれた “I thought he was retard” という言葉を、私は今でも忘れられません。

”retard’ が精神遅滞/ 薄弱(現在は知的障害)と頭の中で変換され、大ショック!

息子は、そんな風に思われてたんだ…。

「ちっ、違うのよ~。家ではちゃんとしゃべるのよ。えっと、不安のために学校では話せなくて…」

焦って頭の中が真っ白になり、しどろもどろの説明しかできず…(^^;)

(母親の私も未だ緊張しーで、とっさに言葉が出ないことも多いんです。あとになって、「ああ、あの時こう言っていれば」と悔やむことが多くて…)

よく考えてみると、話せないだけでなく緘動で動きも鈍く、レセプション時代は活動についていけてなかったと思うので、そう思われても仕方がなかったのかも…。

それにしても…。

すごい衝撃ではありましたが、その場でストレートに言ってくれて良かった、と後から思いました。イギリス人って、それほど人のことを気にかけないし、あまり噂話とかもしないような気がします。自分がどう思うか、ストレートに意見をいう人が多いかな…。

(ちなみに、息子は翌年からE君の友達グループに入れてもらい、今でも友達関係が続いています。さらに、E君ママは私の悩みを聞いてくれる良き友になりました。人生って本当に判らないものです)

みなさん、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

<関連記事>

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その1)祖父母の反応

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その2)社会的な機会を増やす

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その3)1年生に進学

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その4)先生が僕を喋らせようとする

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その5)学校外でのスモールステップ

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その6)もうひとりの緘黙児

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その7)1学期の個別指導プラン

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その8)初めて声が出た!

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その9)教室内で囁き始める

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その10)S君宅に招かれる

息子の緘黙・幼児期5~6歳(その11)初めての言語テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください