息子の緘黙・幼児期3~4歳(その2)


前回のエントリーで書き忘れてしまったのですが、3歳児検診のチェック項目の「排泄」について。息子のトイレトレーニングがいつ完了したのか忘れてしまったものの、そんなに苦労した記憶はありません。幼稚園では子どもが自分でトイレに行くという規則があり、3歳の誕生日前にはちゃんとオムツが取れていたような…。夜だけオムツの期間が少しありましたが、それも割と早く卒業できました。オネショをしたことも数えるくらいしかなく、その点はとても楽だったと思います。

今考えてみると、昔から潔癖症のところがあり、濡れる感覚が嫌だったんじゃないかなと思いあたります。ちょっと袖口が濡れただけでもすごく気にする性格で、小学校4年生くらいまでは水に濡れる遊びを極力避けていました(プールは除く)。これではいかんと、家の庭で私と水鉄砲を打ち合う練習をし、めでたく濡れても大丈夫になりました~。

息子は赤ちゃん時代にアトピーに苦しんだこともあり、肌もとても敏感です。2歳になる前、友達にならって上半身裸で遊ばせたところ、それほど陽に当たってないのに背中がアセモだらけに…。3歳で里帰りした際も、9月中旬というのにアセモに悩まされました。

着るものについても色々難しく、襟がついている服は頑固に拒否。ずーっとコットン100%のTシャツ派だったため、ジュニアスクール(7~11歳)の制服がポロシャツと化学繊維100%のパンツと知って焦りました。が、一度着てみたらいたく気に入ってしまい、それ以来襟付きのシャツを好んで着るようになったのでした…。この激しい変化は一体何だったのか、とても不思議です。

味覚も鋭敏で、昔は食べられないものが結構ありました。が、14歳の今では、大根も、コンニャクも、アンコも大好きに。食べられないのはアボカドくらいのもので、同年代のイギリス人と比べたら味覚の幅がとても広いと思います(日本の食文化のおかげかも)。

それから、里帰り時には癇癪をおこすこともなく「社交的」といえるくらいだったんですが、帰りのヒースロー空港で忘れられない事件が起きました。長旅であまりにも疲れていたため、私がうっかりしていて、息子のお気に入りの玩具が入った小さなリュックをトローリーのフックにかけたまま…。自宅に戻って、「あれっ、リュックは?」と思い出した頃には、もう時すでに遅し。

翌日から、「マミー、地下鉄はどこ?」「ジャガーのオープンカーはどこ?」と息子の癇癪の嵐!! お気に入りのミニカーと電車をごっそり無くしてしまったため、途方にくれました—-買いなおそうと思っても、同じ模型が売ってなかった!

隣町まで行ってやっとロンドンの地下鉄を手に入れると、即座に「ユナイテッドエアラインの青い電車は?」と突っ込んでくるので、困り果てました…。その責めとツッコミは半年以上続き、「いつまで覚えてるんだ~!3歳児ってこんなに記憶力がいいの?(これらの玩具限定)」とゲッソリしたものでした。

「働く車」から始まって、息子は本物に近い作りのミニカーや電車模型に夢中でした。一応『トーマス』も好きでしたが、小さな頃からトーマスシリーズよりも、本物の地下鉄や電車の模型を欲しがるのです(トレーン社のNゲージ鉄道模型のコレクションはまだ手放していません)。

幼稚園に通う道すがら、遠くにある車の形を見てメーカー名と車種名を言い当てるのが日課という…とてもマニアックな子どもでした。そのおかげで、車に全く無知だった私も、少し車種名が判るように。仲の良かった日本人の友だちはトミカに入れ込んでいて、息子よりもっと知識が豊富だったような。彼は国旗を見て国名を言い当てるのも大得意で、地理が苦手な私は舌を巻いたものです。

子どもってすごい!好きってすごい!

息子の緘黙・幼児期3~4歳(その1)

 

息子の緘黙・幼児期3~4歳(その2)” への2件のコメント

  1. こんにちは。ひろえです。
    子どもってすごい!好きってすごい!に笑ってしまいました。
    本当に好きのエネルギーはすごいですね。
    息子は、ミニカーが大好きで集めています。数が増えすぎるとこっそり倉庫へと片付けるんですが、片付けたものに限って、あれがないと探しはじめます。わかんないかなと思っていると、しっかり把握していて驚きます。

    ゴールドコーストのクリスマスは、仰るとおりサンタがサーフボードにのってやって来ます。
    特に、ゴールドコーストはサーフィンのメッカなので、そんなイラストをクリスマスになると見かけますよ。何年たっても暑いクリスマスは雰囲気がでなくてしっくりきませんが。。。。
    クリスマスになるとマンゴーが出回る時期になるので、安くマンゴーが食べれるのを楽しみにしてるんです。

    ひろえ

  2. ひろえさん、こんにちは。
    前のコメントへのお返事、ありがとうございます。

    息子さんもミニカーが大好きなんですね。
    ちゃんと倉庫に片付けているところに、親心を感じます。子どもから鋭いツッコミが入ると、たまりませんものね。
    この「好きのエネルギー」を持続できるとすごいんですが、うちはもうすっかり置き去りにしてきたようです…。

    海辺の街に住んでるなんて、とても羨ましいです。
    ロンドンにいると、海へ行くということだけでもう一大イベントという感じで。
    マンゴーは海外では安いですよね。こちらでも今出回っているんですが、この間近くのトルコ系スーパー(野菜と果物が安い!)で買ったら、中が黒くて大失敗でした。
    今週は真夏日が続いているので、今日は久しぶりにスイカを食べましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です