場面緘黙とは?(その2)


場面緘黙を診断する世界的な基準になっているのが、アメリカ精神医学会による診断・統計マニュアル、DSM (Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)です。

このマニュアルが今年5月に改訂され、最新版のDSM-Vとして公開されました。

場面緘黙に関する大きな変更は、場面緘黙が「通常、幼児期・小児期、または青年期に初めて診断される疾患」というカテゴリーから、「不安障害」へと移行したこと。

SMIRAの最新ニュースレター(7/10付)によると、この変更に際してSMIIRAとマギー・ジョンソンさんが尽力されたようです。

カテゴリーの他はほぼ変更なしということなので、改定前のDSM-IVの(1994年)診断基準を書いておきます。

<DSM-IVによる場面緘黙の定義>

  •  他の状況では話すことができるにもかかわらず、特定の社会的状況(例えば、学校のように話すことが求められる場所)では一環して話すことができない。
  •  この障害によって学業や職業上の成績、または社会的な意志伝達が阻害されている。
  •  このような状態が少なくとも1ヶ月以上続いている(学校での最初の1ヶ月間に限定されない)。
  •  話せないのは、その社会的状況で要求される話し言葉や話す楽しさを知らないことによるものではない。
  •  コミュニケーション障害(例えば、吃音)が原因ではなく、また、広汎性発達障害、統合失調症やその他の精神病性障害の経過中にのみ起こるものは含めない。

『場面緘黙へのアプローチ-家庭と学校での取り組み-』(Rosemary Sage & Alice Sluckin/編著 かんもくネット/訳 田研出版 2009年)より引用

(上記は2002年に出版された『DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引き』(高橋三郎他訳)などを参考に、Knetの翻訳チームで訳したものです)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

改めて見てみると、の「話す楽しさ」というのが何となく気になります。これはcomfort withの訳し方の問題かな…。

原文ではFailure to speak is not due to a lack of knowledge of, or comfort with, the spoken language required in social situation.

「話し言葉の知識がないためや、話し慣れないことによるものではない」の方が判りやすいかもしれません。

この診断マニュアルは短く簡潔に書かれているのですが、緘黙児はひとりひとり違っていて、症状もひとくくりにはできません。

「学校で一貫して話せない」といっても、仲の良い友達にだけ呟ける子、授業中に当てられたら答えられる子、無表情でほとんど動けない子、表情豊かなのに言葉だけが出ない子など、本当に千差万別です。

ちなみに、うちの息子は教室内では全く話せないのに、なぜか放課後の校庭では普通に声が出て、動けていました。

理由は多分、

  • 学校が終わり校舎から騒がしい校庭に出て、ほっとしていた
  • 母親の私がいた
  • 幼稚園時代の親友たちと日本語で遊べた

同じ学校内でも、人、場所、時間帯によって不安の度合いがかなり違うのです。項目を細かく分けて詳しく調べていくと、学校での支援のヒントになると思います。

もうひとつ、は緘黙児の保護者や当事者にとって、すごく気になるところではないでしょうか。

「コミュニケーション障害(例えば、吃音)が原因ではなく、また、広汎性発達障害、統合失調症やその他の精神病性障害の経過中にのみ起こるものは含めない」

原文ではThe disturbance is not accounted for by a Communication Disorder (e.g., Stuttering) and does not occur exclusively during the course of a Persuasive Developmental Disorder, Schizophrenia, or other Psychotic Disorder.

ややこしい言い回しなのですが、反対にいうと、広汎性発達障害、統合失調症や他の精神病性障害の経過中にも、場面緘黙になりうるということですよね。

ただし、この場合の場面緘黙は、広汎性発達障害、統合失調症や他の精神病性障害(一次障害)の結果として生じる二次障害と判断されるため、一次障害としての場面緘黙には含めないのだと解釈できます。

日本では「場面緘黙=広汎性発達障害」とみなす考え方もあるようですが、イギリスでは殆ど切り離して考えているようです。私はイギリスと日本の考え方の違いについて、ずーっと不思議に思ってきました。一次障害と二次障害で区別している他にも、様々な理由があるのではないかと考えています。

場面緘黙と発達障害の関連については、現在のところ世界でもまだきちんと解明されていないのではないでしょうか?これについては、おいおい触れていきたいと思っています。

 

 

場面緘黙とは?(その2)” への2件のコメント

  1. こんにちは、せとっこです。ブログ拝見しました。

    最近はあまり考えなくなりましたが、愛娘が場面緘黙と年長で分かって以降小2の頃まで
    純粋な場面緘黙(一次障害)なのか、発達障害の二次障害としての場面緘黙なのかを
    はっきりさせたい時期がありました

    それは小1二学期の知能検査で知能に若干の遅れがあるという結果が出たからでした。
    色々文献を読むうち、『発達障害は中枢神経が生まれつきうまく働かない障害』とあり、
    であれば、治療や対処がまったく変わってくるのではないかと考えたからです。

    主治医の見解も、アスペはあるかも知れませんが、そこはあまりこだわらず、
    知能検査も場面緘黙児の場合は正確に出ない可能性があるので、経過を見ましょう。
    ということになりました。

    その当時は、今ほど場面緘黙の知識もなく、発達障害の知識もなく、闇雲に文献を模索。
    症状の多様性と分類の難しさが自閉症スペクトラムなんだと感じました。

    今は分類に当てはめることは止め、
    出来ないことをSmall-Stepで階段を上ることに集中しています。

    • せとっこさん

      ご訪問ありがとうございました。
      そして、ブログへの初コメント、とても嬉しかったです。

      >出来ないことをSmall-Stepで階段を上ることに集中しています。

      私も、子どもを支援する姿勢として、これにつきると思います。
      親としては、子どもに何か発達上の問題があるのかとても気になるし、もし問題点がはっきりすれば、治療や対処方も明白になると考えますよね。
      でも、実際子どもはひとりひとりに個性があり、育った環境も、遺伝的な要素も違うから、試行錯誤しながらその子に合う対処方を見つけていくしかないのだと思います。問題点を追求することで、支援の方向性が見えてくるので、それをどうカスタマイズしていくかでしょうか。

      私は場面緘黙になる子どもは、抑制的な気質に加えてどこか脆弱な部分を持っているのではないかなと思っています。
      (純粋な場面緘黙の子でも、例えば小さなことを気にやみすぎるとか)
      だから、話さないという場面緘黙の症状だけでなく、子どもの全体像を見て、弱い部分をどう支援していったらいいのか考えることが必要なんじゃないかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です