北欧の夏休みーストックホルム編(その3)


ふと気づけば既にもう9月。イギリスでは8月末には夏らしい気候が戻ってきましたが、昨日から急に気温が下がり、今日は午後に入ってから雨が降り始めました。夏休みもすっかり終わってしまいましたが、今しばしお付き合い下さい。

ボートで島めぐり

市内からストックホルム群島を巡るボートツアーは地元民にも人気。私たちは、フェリーで一番近いFjäderholmarna島(なんと読むのか不明)へ行ってきました。複数のレストラン、ガラスや陶芸などの工房、手作りチョコのショップ、地ビール醸造所やパブ、小舟の展示館などがあって、30分もあれば一周できる大きさ。夏は海水浴を楽しむ人も多いそう。

IMG_20160805_142612IMG_20160805_111628

   島行きのフェリー。ガムラ スタン(Gamla Stan旧市街)の船着場から25分ほど

IMG_20160805_113524IMG_20160805_113953

昔の漁民の生活が忍ばれて

IMG_20160805_114831

船の形をした滑り台

IMG_20160805_120915IMG_20160805_120924IMG_20160805_115222IMG_20160805_115348

       趣のある可愛らしい工房が7、8軒並んでいます。動物の編みぐるみや、洋服、絵なども販売

IMG_8545

     お土産に購入した 小皿は少々 難ありで60クローネ(約 800円)。きざぎざ部分でニンニクをおろし、オリーブオイルと香草を混ぜてパンのソースに

IMG_20160805_135945

海に面したレストランでランチ

IMG_20160805_124853
IMG_20160805_125819IMG_20160805_130719

息子はサーモン、私たち夫婦と友達はサバのサラダを堪能

夕方、ソーダマルム島の南のÅrstaにある友達のアパートへ。郊外の田園都市というか、緑豊かな公園の中に小さなアパート群が点在している感じ。かつて王家の果樹園だった土地で、近くには森や池がある自然保護地区なんだとか。今年は、森の野生のブルーベリーが豊作だと言ってました。

IMG_20160807_171701IMG_20160807_171620

    どことなくIKEAを連想させる居間と愛猫のコスモス君

スウェーデンでは何かお祝いごとがある時は、ニシンの酢漬けの前菜にミートボールというメニューが定番だそう。前菜にニシンの酢漬け3種類、メインはミートボールと茹でたジャガイモ、デザートは息子くんが作ってくれたブルーベリーパイをご馳走になりました。

IMG_8061

お肉が柔らかくて美味しかったです

翌日、友達が「しまった~、今ザリガニ解禁の季節だから、ザリガニ料理にすればよかった!」と…。レストランで注文すると5、6000円するので、近くで見つけたスーパーのデリでサラダと一緒に購入。イギリスでもよく見かける食材ですが、海老とはまた違った味わいがあって大好きです。

<関連記事>

北欧の夏休み-コペンハーゲン編(その1)

北欧の夏休み-コペンハーゲン編(その2)

北欧の夏休みーストックホルム編(その1)

北欧の夏休みーストックホルム編(その2)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です