マギー・ジョンソンさんの講演から『小学校中・高学年&ティーンの支援』(その5)


● 恐怖症はどのようにして起きるか?

パニックや激しい恐れを引き起こす何かが起こり、その恐怖が「害のない」ものや出来事と関連づけられます。次にそのものや出来事に遭遇した時、同じ恐怖やパニックの感情が蘇えります。そのものや出来事がもとの恐怖の原因ではなかったにせよ、それらを極度に嫌がるようになるのです。

恐怖症を持つ人の「怖い」という感情はリアルなものですが、それが危険かというと、そうではありません。危機感は心の中で創られたものなのです。

以下は子ネコを極端に怖がる女性の話です。どうして彼女が子ネコを危険なものと信じるようになったか、探偵になったつもりで推測してみてください。

(http://omensalam.blogspot.co.uk/2008_05_01_archive.html)

 

 

 

 

 

 

 

「この絵は、小さなネコや子ネコを見ると起きる私の反応です。普通のネコは大丈夫なのに、子ネコは死ぬほど怖い…。まずその大きさ、そしてふわふわの肌を想像しただけで、気分が悪くなるんです。

私はネコとの最悪な出会いを、今でも覚えています。それはある晴れた昼下がりのことでした。4歳だった私は、何日か病気をしたためベッドで休んでいました。そこへ、子ネコをくわえた親ネコが、生まれたばかりの子ネコの隠し場所を探して、突然私の部屋に飛び込んできたのです。母によると、私はパニックを起こして、気絶するまで叫び続けたそうです。それ以来、子ネコを見るのも触るのも全く駄目で、絵やTVで見るだけでも嫌なんです」

● ヒント

 「この絵は、小さいネコや子ネコを見ると起きる私の反応です。普通のネコは大丈夫なのに、子ネコは死ぬほど怖い…。まずその大きさ、そしてふわふわの肌を想像しただけで、気分が悪くなるんです(マギーさん注: この描写は変ですね?多分、恐怖症は柔らかくふわふわした子ネコではなく、肌に起因しているのでは?)。

私はネコとの最悪な出会いを、今でも覚えています。それはある晴れた昼下がりのことでした。4歳だった私は、何日か病気をしたためベッドで休んでいました。そこへ、子ネコをくわえた親ネコが、生まれたばかりの子ネコの隠し場所を探して、突然私の部屋に飛び込んできたのです。母によると、私はパニックを起こして、気絶するまで叫び続けたそうです(マギーさん注: 母親がすぐ彼女のところに行かなかったのは明らか。それは何故?)。それ以来、子ネコを見るのも触るのも全く駄目で、絵やTVで見るだけでも嫌なんです」

● あり得るシナリオ(マギーさんの推測)

母親は洗濯物を干すため外に出て、娘には「何かあったら窓から大声で呼びなさい」と伝えてあった。そのため、娘は家の中にひとり残され、誰かが自分の部屋に入ってくるとは考えもしなかった。ドアが開いたとき、彼女は恐怖に襲われた — 泥棒?人さらい?妖怪? ドアが開いた瞬間に、パニック反応と運命を感じた — 一体どんな恐ろしい侵入者が入ってきたのか?ドアのところに現れたのは、彼女が生まれてこのかた見たことがないもの — ピンク色でシワシワの生まれたばかりの子ネコだった – そして、無意識のうちにそれを恐怖と結びつけた。

● 篇桃体(アミグダラ)

脳の篇桃体(アミグダラ)は、恐怖反応を制御します。

恐怖を感じるとストレスホルモンを分泌し、身体に物理的な変化を与えます。例えば、心臓の鼓動が早まったり、喉の筋肉が締まるなど。これでは話せない訳です!体と喉がリラックスするよう、制御反応のスイッチを切れることができれば、言葉は楽に出てくるはずです。

● 良い知らせ

  •  場面緘黙は恐怖症
  • 恐怖症は治すことができる

*みく注: 恐怖症についての説明 → 恐怖症とは?コトバンク (http://kotobank.jp/word/%E6%81%90%E6%80%96%E7%97%87)

関連記事:

マギー・ジョンソンさんの『小学校中・高学年&ティーンの支援』(その1)

マギー・ジョンソンさんの『小学校中・高学年&ティーンの支援』(その2)

マギー・ジョンソンさんの『小学校中・高学年&ティーンの支援』(その3)

マギー・ジョンソンさんの『小学校中・高学年&ティーンの支援』(その4)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です