サキ君の動画について(その1)


前回の記事で、場面緘黙のために小3の頃から9年間学校で全く口をきかなかったサキ・ギャラクシディス君の動画をご紹介しました。多くの方が観てくださっているようで、ありがとうございます。実は、昨日本人がたまたまロンドンに来る用事があり、ついでにうちに寄ってお茶を飲んでいきました。3年前の自分を見返すのは恥ずかしいと言いつつ、緘黙に苦しむ日本の人たちの役に立てたらと喜んでくれました。この動画について少し説明したいことがあるので、ブログの先頭にあげてあります。

サキ君の家族は、祖父母の代にギリシャからオーストラリアに移民。彼はオーストラリアで生まれ育った、ギリシア系のオーストラリア人です(二重国籍を持っているので、ギリシャ人でもあります)。そのサキ君がイギリスにいると偶然知ったのは、昨年の夏のこと。マギーさんの講演で彼の動画を観て以来とても気になっていたので、「おお、これは何かの啓示かも」とコンタクトを取ったのでした。以来、時々連絡を取り合っています。

高校で話すようになったサキ君は、進学や就職は全く考えず、文字通り世界に飛び出したそう。アマゾンのジャングルやシベリア鉄道の旅をはじめ、アメリカやヨーロッパ諸国など色々な国を周ったようです。多くの場合、訪問した国のホテルなどで住み込みのバイトをしながら、次の冒険の資金をかせいだとか。現在は湖水地方のホテルで働きながら、休みを利用して各地を訪れています。

旅先からの写真を紹介するサキ君のインスタグラム:https://www.instagram.com/sakitraveller

彼はギリシャのパスポートも保持しているので、EU内の移動や就労の問題はありません。世界中どこに行っても英語は通じるし、かなりラッキーですね。でも、自分で仕事を探してお金を稼ぎ、行ってみたい国々を旅するのは、ものすごいガッツと行動力です!

実は、昨年夏に湖水地方に行く前に、うちに2晩泊まっていったのです。その時は、まだバイト先も宿泊先も全く決まってなくて、コーチも電車も予約していませんでした(当日券だと高い)。本人は「ホテルやユースホステルなどの住み込み仕事を斡旋するサイトがあるから大丈夫」と余裕たっぷり…。最終的に、何も決まらないまま「湖水地方に行ってみる。仕事がなかったら、知り合いを頼ってエジンバラに行くよ」とロンドンを後にしました。

ちなみに、移動には素人による個人タクシーのサイトを利用――これは、車で移動予定の普通の人が、同じ日に同じ目的地まで行きたい人を格安の値段で乗車させるというもの。全然知らない人の車に乗っても大丈夫なの?と心配していたら、感じの良い若い男性が、購入したばかりのピカピカの新車でやって来ました。仲良く話しながら出発する二人を見て、感心することしきり。これが9年間も話さなかった人かと思うと、感慨深いものがありました。サキ君は因習や既成概念に捕らわれない強さと、人を思いやる優しさを持っている人だと思います。

さて、動画の内容についてですが、3分55秒のところで、最後までいた小学校の説明があります。「そこでは普通の子と一緒だったけど、僕は全くしゃべらなかった」――「普通の子」という表現が気になって質問してみたら、社交性のなさが問題視され、幼少期にアスペルガー症候群と診断されたとか…。本人は、「最新のDSM-V(アメリカ精神医学会による診断・統計マニュアル)では、アスペルガーは消失しちゃったし、気にしてないよ」とのこと(←本人の許可を得て書いています)。今だったら、DSM-Vで新たに登場した社会的(実践的)コミュニケーション障害(Social (pragmatic) communication disorder)と診断されるのかもしれませんね。

現在のサキ君と接していて、コミュニケーションに問題があるようには全く感じられません。(私はASD児のための特別支援校で2人のティーンに日本語を教えていて、他の子供達とも良く話をするんですが、みんな会話が一方的になったり話題が偏ったりする傾向があります)。素人なので判らないのですが、場面緘黙とASDの特性が類似するため(詳しくは、ASD児と緘黙児--類似する特性?(その2)をご参照ください)、ASDとの判別が難しいケースが出てくるのかも…。(グレイゾーンの場合もあるでしょうし、ASDと緘黙が併存することもあるので、専門家に診てもらって適切な支援をすることが重要だと思います)。

とにかく、幼少の頃は友達遊びができなかったというサキ君が、今では常に新たな出会いを体験し、人種や国を問わずどんどん人脈を広げているのです。9年間も学校で話せなかったなんて、嘘みたいに—。今緘黙で苦しんでいる人たちも、色々な可能性を秘めているということですね。自分を信じて、とにかく一歩を踏み出して欲しいです。

<関連記事>

ASD児と緘黙児--類似する特性?(その2)

DSM-Vに登場した新たなコミニュケーション障害(その1)

DSM-Vに登場した新たなコミニュケーション障害(その2)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です