ひと足遅れの花便り


4月上旬に日本から戻ってきたら、知らないうちに中庭の植物たちがぐ~んと成長して、緑いっぱいになってました。全く手入れせず、肥料もあげてなかったのに、植物って健気ですね。

バタバタ忙しくしている内に季節が駆け足で過ぎてしまいましたが、今年の春の風景を少しだけおすそ分けします。

IMG_20150429_193252

4月中旬の日曜日の夕暮れ、家に帰る道すがらふと空を見上げると、まだ青い空に薄い月が出ていました。散りかけの桜の大木の下を通ったら、冷たい風とともに花びらがはらはら。

IMG_20150428_193059偶然桜の花吹雪みたいな写真が

IMG_20150424_173031IMG_20150424_173058

     今年はぼんぼりのように咲くロンドンの八重桜の季節を見逃してしまったよう…。でも、代わりに知人宅でりんごの花を満喫しました

うちの小さな中庭で一番早く花を咲かせるのは、フェンスいっぱいに蔓を巻きつけているアケビの花。今年は、その蔓にアルピナ系のクレマチスも加わりました。実は、タグの写真についていた葡萄色の小さな花が気に入ってアケビとは知らずに苗を購入し、後で「フェンスにあの不思議な実がいっぱいぶら下がる?!」と後悔したのです。でも、4年経っても一度も実をつけません(ほっ)。

IMG_6273目を凝らすと、濃い臙脂色のアケビの花も見えます

IMG_6258

アケビというのは不思議な植物で、ひとつの株に雄花と雌花が別々に咲きます(雄雌同株)。写真の大きい方の花(実際は萼)が雄花で、右側の小さいほうが雌花。昆虫によって受粉するらしいのですが、うちの庭では4月に蜂は見たことないし…。

IMG_6253IMG_6310

昨年植えた白い花たちが一気に増えてました。花にも本当に色々な個性がありますね。

 

ひと足遅れの花便り” への4件のコメント

  1. ミクさんこんにちは、せとっこです。

    空を見上げると発見があることを、愛娘から教えてもらいました。
    大人になると、足元ばかり見ているんだなと感じた事があります。
    人間関係に悩んだり、仕事が捗らなかったり…

    最近は愛娘とウォーキングしながら、空や木々達を見てリフレッシュしています。

    自然は良いですね。

  2. せとっこさん

    お久しぶりです。コメントありがとうございました。

    娘さんとのウォーキング、素敵ですね!
    「親と一緒に歩くのを人に見られるのが恥ずかしい」お年頃がやってくるまで、一緒に歩く時間&空間&会話を堪能してくださいね。
    うちはもう、近所を歩くときは「他人のふり」、学校へ迎えに行く用事があるときは、「校内に入らずに駐車場で待つ」のがあたりまえになりました…。

  3. こんにちは。ひろえです。
    先日、サイトにお邪魔したらブログが出てこなくて焦ってしまいました。
    こうして、またブログを拝見できて嬉しいです。
    最近、息子は、保育園で他のお友達とも積極的なかかわりをするようになりました。
    外出しても私べったりから、少し離れて遊べるようにもなり、息子にとって今が他の子供を
    求める時期になってきたんだと感じています。
    少しずつ、自分を出せるようになってくれたらいいな~。それぞれの花が異なるように、そのままの息子を受け入れたいものです。

  4. ひろえさん、こんにちは。
    いつもブログを覗いていただき、コメントを残してくださって、とても励みになります。
    今後もどうぞよろしくお願いします。

    息子さん、少しずつ自分の世界を広げつつあるんですね。
    お母さんが絶対そこにいてくれるという安心感があるからこそ、子どもは親から離れて冒険ができるんだそうですよ。
    みんなそれぞれ個性があって、何かをするスピードも異なると解っていても、時々焦ってしまう自分がいます。でも、子どもはこの瞬間もどんどん成長していて、いつか親を飛び越えていくんでしょうね。
    その時は、置いてきぼりをくわないように、自分も成長しなければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です